トリマー同士の気遣いサポート

カテゴリー トリミングのこだわり0件のコメント

こんにちは、いぬどころの植杉です。

一頭の犬を2人でカットすることはよくあります。

犬は暑かったり緊張したりすると、ハッハッハッと短い呼吸を繰り返します。

これはカットをするときには非常に邪魔なものです。呼吸に合わせて揺れるとハサミで揃えることが困難になるし、バリカンでもガタガタにカットしてしまったりします。

そんな時は顔側でカットしているトリマーさんが口をそっと閉じてあげます。

口をずっと閉じていると犬は苦しいので、後ろのトリマーさんがカットしようとした時だけ口を閉じます。

相方のカットを見ながら、自分のカットを進める。

簡単なようですが、簡単ではない。上級テクニックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です